BLOG

PlayzプレイズとNEXTRYネクストリーとECOPIAエコピアをタイヤ試乗会で比較してみたよ!

LINEで送る
Pocket

前回

 

タイヤの試乗会に行ってきました!Playz性能編
さて今回もブリヂストンさんに招待いただき、今年販売されたPlayzを試乗してきました! でもブリヂストン製タイヤのヘビーユーザーなら  「あれ、Playzって昔なかったっけ?それってECOPIAになったんじゃないの?」  とかって思う方いると...

 

は結局Playzの性能説明だけで終わってしまったんですが、今回は私が実際に乗って運転してどう感じたのかを書いていこうと思います。

 

今回試乗したタイヤ

・ECOPIA(エコピア) EP25

・NEXTRY(ネクストリー)

・Playz PX(プレイズ)

 

この選考基準は

 

ECOPIA(EP25)を車を購入時に装着されている純正品とみなして、それに劣るNEXTRY、勝るPlayzというスタンスで比較しました。

 

試乗した順番もこの通りです。

 

ちなみにブリヂストンさんのタイヤランキングは

 

NEXTRY  <  ECOPIA(EP20)  <  ECOPIA(EP25)  <  Playz PX  ≦  REGNO

 

って感じになります。

 

会場

川崎マリエン

東扇島の川崎マリエンと川崎純情小町について
先日、ブリジストンタイヤジャパン株式会社さん主催のタイヤ試乗会に参加させていただきました。 開催場所は東扇島にある川崎マリエン※赤の下線は弊社の営業所です。そんな東扇島に関しての詳しい内容はコチラ 個人的には物流拠点で大型トレーラーやトラッ...

 

選考理由は直線・カーブがあり、走行コース内に凸凹があること

ちなみに走行コースはこんな感じ

地図

うん、雑だね!

 

装着した車

新型プリウス

IMG_20160317_103822

選考理由は

ハイブリッドカーで静かなので、ロードノイズ(タイヤの転がり音)が分かり易くなる
試乗会での燃料費を安く抑えられる

 

比較方法

二人一組になって交代で運転席・後部座席に乗り、4つの項目に対して5段階(5が満足、1が不満)で評価。

A.ハンドル切りはじめの応答性(レーンチェンジ時など)

B.ふらつきの納まり具合(レーンチェンジ時など)

C.静粛性(パタンノイズ、ロードノイズの絶対音量)

D.乗り心地(しなやかさ、ダンピングの収まりやすさ)
※ダンピングとは小刻みな揺れ

 

#A.Bは運転手目線での評価、逆に#C.Dは同乗者目線での評価として参考にしていただきたい。

ECOPIA(EP25)で走ってみた

A:3
B:3
C:3
D:3

 

最初に乗ったという事、購入時に最初から装着されている純正品ということでコレをスタンダードとするために全ての評価を3としました。

 

でも純正品とはいえECOPIA(EP25)ですからね。ブリヂストンさんから展開されているタイヤのなかで中間層には位置しますが低燃費でゴム自体も擦り減りにくいように設計されています。

 

で、この純正品のグレードと同等かそれ以上のものを装着しないと車の性能を生かすことができない場合もあるので最近CMで

 

新車装着タイヤ(純正品)を基準にタイヤを選んでください

 

って盛んに言ってます。

 

中古で買ったから純正品のグレードがわからないという方は、

 

今履いているタイヤのグレードは各メーカーではどの位置なのか

 

を把握して、あとは各個人の優先項目(性能や価格、ブランドなど)で判断すればいいと思います。

 

NEXTRYで走ってみた

A:2
B:2
C:1
D:1

 

NEXTRYの評価は上記のとおり。とにかくロードノイズ(タイヤが転がってますよーって音)がしてたイメージがあります。ガーっていうかゴーっていう音がして、ある意味「ちゃんとタイヤが回転してるな!」っていうのを再認識させてくれます。

 

ただこれはプリウスがハイブリッド車という事もあって、異様に静かなのでロードノイズが強調されやすい状態にあるのは間違いないです。なのでハイブリッドじゃないよって方はもしかしたらそこまで気にならない程度の音なのかもしれません。

 

そして乗り心地はよくないです。道路の凸凹がそのまま伝わる感じというかタイヤが硬いのか、衝撃を吸収している感じがしません。サスペンションの問題じゃない?って思う方もいるかと思いますが、どれも同じ新型プリウスなので大きな差はないはずです。

 

応答性だったりふらつきの納まり具合もやはり若干見劣りします(運転時に限る)。ただ言葉にできるほどではないんですが「違うな」っていうのは気づくことができます。

 

申し訳ないけど、お財布に優しいっていう印象だけで、あまり個人的にはオススメしません。

 

Playzで走ってみた

A:5
B:5
C:4
D:3.5

 

Playzはその前がNEXTRYなので、余計に性能の良さを身をもって感じるというかハンドルをもって感じるというか、とにかく全然違う!

 

コーナリングの反応の良さ(応答性)はもちろん、ロングストレートでアクセルを踏んだ瞬間のタイヤが路面をしっかりと捉えている感じはドライバーのみが感じることができ運転が楽しくなります。

 

で、スピードを出すとロードノイズが気になりやすいんですがドライバーは気にならないし、一番ロードノイズがわかる後部座席でも大して気になりませんでした。

 

PlayzとREGNOの住み分け

さきほどブリヂストンさんのタイヤ序列を書いたんですが

 

NEXTRY  <  ECOPIA(EP20)  <  ECOPIA(EP25)  <  Playz PX  ≦  REGNO

 

PlayzとREGNOをほぼ同等としてます(価格としてはPlayzのほうがREGNOより安いですが)。じゃあPlayz出す必要ないじゃんとか思ってしまうんですが、これはちゃんとワケがあって

 

 

Playzはドライバースポットあてて快適な“走行”を提供するタイヤ

REGNOは同乗者スポットをあてて快適な“車内空間”を提供するタイヤ

 

 

という事で、対象が違うんです!

 

なので、ちょっと極端な例ですがファミリーカーにはREGNO、スバルとかマツダ車に乗っている走るのが大好き!って方にはPlayzをオススメします。

ベルファイヤ レヴォーグ

※スポーツ車向けとしてPOTENZAの名前も挙がることができるんですが、あれはスポーツ車でもガチ勢向けというかサイドウォールは硬いしロードノイズはうるさくて乗り心地は最悪なんです。ただ”走り”に関しては最高レベルなので、サーキットに走りに行くとかっていう方にしかオススメしませんね。

ポテンザ

あと今回試乗したのはPlayz(PX)でしたが、これ以外にもバン用のPlayz(RV)や軽・コンパクト向けのPlayz(C)などラインナップもあります。

 

最後に

今回の試乗会ではPlayzを履いた車を自身で運転したことで、何がどう違うのか?を身をもって感じることができて良かったと思いつつ、REGNOとPlayzの比較もしてみたかったなーというのが本音です。※Playzのための試乗会だから、わざわざそれの上位と比べたら意味ないのはわかってるんですけどね。

 

ちなみに前回の試乗会はこちら

 

NEXTRYネクストリーとECOPIAエコピアとREGNOレグノとBLIZZAK VRXブリザックをタイヤ試乗会で比較してみたよ!
さて前回のブログでは  冒頭部分で脱線してしまい、しょーもない記事をUPしてしまいましたが、今回は真面目に書いていこうと思います。  車の試乗会は知ってるけど、タイヤの試乗会って何?って思われる方が多いと思うのですが、ざっくりいう...

 

【追記】夏タイヤだけでなくスタッドレスの試乗会にも参加しました(3社比較)

 

【スタッドレスタイヤ】BLIZZAK VRXブリヂストンとICE GUARD50+横浜タイヤとWinter Maxx02ダンロップを試乗会で比較してきました!
さて、このタイヤ試乗会シリーズもこれで3回目、もうこのブログでは定番になってきました。 ちなみに、これまでの試乗会シリーズは   でした。 前回までは全てブリヂストンのタイヤをそれぞれ比較するという内容だったのに対して、今回は同...

 

あとはPlayzでこれに乗りたかったな

試乗会

 

さて現在弊社ではタイヤキャンペーンを実施中です!

これを読んでちょっとPlayzやREGNOが気になった方、お見積りは無料ですので気軽にお声掛けください!!弊社の給油所はコチラ

また最近タイヤの空気圧チェックしてないなーって方、適正な空気圧にすることが省燃費にも繋がります、是非エアーチェックのみでも構いませんのでご来店お待ちしております!

お辞儀

 

LINEで送る
Pocket