2019年09月03日

増税前にタイヤ交換を考えている人に勧める3つのサイト(タイヤフッド、楽天カーサービス、タイヤピット)

さて10月から消費税が増税されて8%が10%になります。
この2%、たった2%ですがされど2%です。

朝のニュースでも増税について取り上げていましたが、タイヤも意外とバカにならない金額です。そこにかかってくる2%の負荷もより大きなものになるでしょう。

ましてや、タイヤに関しては8月から輸送コストの上昇に伴い、タイヤの金額自体が上がっています。消費者側に立てば、8月と10月の二段階の値上げをモロに食らう事になります。

そんな中でも、できるだけ値段を抑えて交換したいと思うのが普通だと思います。そんな方に向けておススメしたいサイトを3つおススメしたいと思います。と、その前に

 

自分のタイヤのサイズがわからない!!!

 

という方は、ココをみてください!

タイヤサイズ・製造年月

左:サイズ(245/45R18)
右:製造年月(2017年01週目)

サイズさえわかれば、今回紹介するサイトで自分の車に合うタイヤを検索することができます。

ちなみに今回紹介するサイトには既に弊社のガソリンスタンドは登録済みなので、弊社のガソリンスタンドを使ってタイヤ交換することも可能です。

それでは紹介していきましょう。

TIREHOOD タイヤフッド

これに関しては、以前にもココで紹介したのですが

やはりタイヤフッドの一番のメリットは

全てのタイヤに無料でパンク保証がついていること

パンク保証

これが最大のメリットなんではないでしょうか。

新品だろうが中古だろうがパンクするのは、もう運でしかないですからね。

しかもプレミアム保証にすると保証期間を24ヶ月間に延長できますからね。安価なタイヤならともかく、ある程度の金額をタイヤに払うのならベーシック保証ではなくプレミアム保証にしておいたほうがお得だと思います。

で、その気になるプレミアム保証の金額算出方法は

 {(税別商品単価×保証料率10%)×消費税率}×4本

となります。見てもらうほうがわかりやすいのでコチラ

タイヤフッド例

5,650円/本のタイヤだとプレミアム保証が2,256円/4本だし、しかも分割払いまでできますからね。ちょっと無理して高額のタイヤ買っても安心できますね。

楽天カーサービス

楽天カーサービスの最大のメリットはその“楽天”というブランドを最大限に活用したポイント戦略だと思います。またタイヤ取付だけにとどまらず、楽天カーサービスというサービスのなかに、車検、洗車、ガソリンスタンド、タイヤ取付、中古車買い取り査定、中古バイク買い取り査定と多くのサービスを網羅しています。

楽天カーサービスの種類

ここでGETしたポイントを他で使うもよし、貯めるもよし。使い勝手がいいポイントなので若干の価格差があっても、それを埋めるだけのポイントバックやキャンペーンがあれば、結果としてこちらを選ぶユーザーさんも多いのではないでしょうか。

例えば、車検の見積を頼んで見積書にタイヤ交換必須って書いたあったら、わざわざ店舗が用意したタイヤではなくて、自身が楽天カーサービスから選んだタイヤを取り付けてもらえばいいわけで。

こういった意味でタイヤだけでなく様々なサービスと合わせて使うことができるのは、楽天カーサービスが一番だと思います。

タイヤピット

最後に紹介するのがタイヤピット。

オートウェイというサイトの運営もしています。

ここのメリットは

日本ではあまり馴染みのないアジアンタイヤを豊富に取り揃え、しかも安価

ってトコだと思います。

  • ATR RADIAL(エーティーアールラジアル)
  • NANKANG(ナンカン)
  • ZEETEX(ジーテックス)
  • HIFLY(ハイフライ)
  • RADAR(ラダー)
  • MAXTREK(マックストレック)
  • MINERVA(ミネルバ)
  • PINSO(ピンソ)
  • DAVANTI(ダヴァンティ)
  • MOMO(モモ)
  • ARMSTRONG(アームストロング)
  • ROADSTONE(ロードストーン)
  • NEUTON(ニュートン)
  • SUPERIA(スーペリア)
  • TRAVELSTAR(トラベルスター)
  • DURO(デューロ)
  • NITTO(ニットー)

さて、知っているブランドはいくつあったでしょうか?

もちろんこの他にもブリヂストンやYOKOHAMA、ピレリなど有名タイヤメーカーの商品もあります。

私自身は履いたことないですが、昔の「安かろう、悪かろう」だったアジアンタイヤも性能はよくなってきているという話は聞くので試してみてもいいかもしれません。

あと色々調べてたら、楽天市場の中にもオートウェイさんが出店しているので、そこ経由で購入すると楽天ポイントも付与されると思います。

工賃の比較

3サービスの工賃を比較してみました。全て1本当たりの工賃となっています。
※タイヤピットはこれ以外に廃タイヤ料・バルブ交換料が加算されます。
※タイヤ&ホイールは既に組んであり、脱着するだけの作業料です。

  タイヤフッド 楽天カーサービス タイヤピット
13 2,160 2,114 1,944
14 2,160 2,114 1,944
15 2,160 2,114 1,944
16 2,484 2,114 2,376
17 2,808 2,114 2,376
18 2,808 2,458 2,376
19 3,780   2,916
20 4,320   2,916
タイヤ&ホイール 1,080 1,161 1,080

最後に

今回紹介した3サイトですが、すでに弊社のガソリンスタンドは登録済みなのでご利用いただけたらと思います。本当に様々なサービスが生まれ、チャネルが増え、お客様自身で色々調べるのが普通の時代になってきました。私たちとしても、そういったお客様を出迎えるにあたり知識の習得はもちろんスキルもしっかりと磨き、一人でも多くのお客様のリクエストに応えていけるよう取り組んでまいりたいと思います。

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL