2020年05月07日

レジン加工に最適なグラインダー“ E-FORCE”、そして絶対に試してもらいたいベルトサンダーの紹介!!

グラインダーって何?

そもそもE-FORCEを紹介する前にまずは、グラインダーってなんだ?って話をしたいと思います。

グラインダーとは、これです。

で、今回紹介するE-FORCEはマイクログラインダー、またはリューターと呼ばれるもので永興電気工業株式会社さんからお借りしています。

先端工具を取り付けて研削、研磨作業を行う工具です。 バリ取りや一般的な研削・鏡面研磨仕上げ作業に適しています。

っていうツールなんですが、わかりにくいので簡単にいうと“歯医者さんで歯を削る時に使うやつ”を想像してもらえるとわかりやすいかと思います。

ね、グラインダーより小さくなったでしょ。

E-FORCEはここが違う!

【ハンドピース編】

最高回転速度:20,000min-1   

さすが金属などを加工するツール!プラモデルではこの回転速度は必要ないけど、それでもブレたり、トルクが落ちる事ないので安定した加工が可能です。

使用可能回転速度:1,000〜20,000min-1

段階的な速度調整ではなく、細かい速度調整が可能なので用途にあった速度で加工しやすい仕様になっています。

トリプルガード

  1. 大径化したフリンガーで切粉を弾き飛ばします。
  2. 内部フリンガーで排出窓から切粉を弾き飛ばします。
  3. 内部ラビリンスシールで切粉の侵入を防止します。

この3つのガード構造が切粉からグラインダーを守ります。

クイックチェンジ & インターロック

モーター、アタッチメントで不適合な組み合わせができないインターロック構造にすることで使用者の安全と機器のトラブルを防止して、アタッチメントを素早く交換することが可能になりました。

ブラシレスモーター

セラミックベアリングを標準装備させることで、静粛性・低振動で作業することが可能になりました。

多機能スイッチ

手元操作で直感的な加工をアシストします。

スイッチ操作で電源のON/OFFだけでなく、回転数のUP/DOWNの操作まで可能になりました。

【コントローラ編】

従来製品比でサイズを1/2にまでコンパクトにしました。
そのため狭いスペースでも十分な作業エリアを確保することができます。

また逆回転ボタンが設置されていたり、回転数を確認する画面がついていたりとユーザー側が追加してほしかった機能が全てここに集約されています。

なぜE-Forceなのか!!

これまで特徴を書いてきましたが、実際プラモデル制作においてはここまでのはハイスペックなグラインダーはもしかしたら必要ないのかもしれません。

特に既にグラインダーを持っているかたは慣れ親しんだツールから別のツールに変えることは裏切りのような鞍替えのような気持になるかもしれませんが、それでも試してほしいのがコレ

ベルトサンダー!!!

これに関しては、こちらの長谷川迷人が実際にベルトサンダーを使用している動画があるので観ていただければと思います。

もちろんベルトサンダーだけではなくて、E-Forceを使用して細かいところの研磨もすることが可能です。

最後に

今回、永興電気工業株式会社さんのE-FORCEをおススメさせていただきました。ただ実際に個人で購入するには少し気が引けるな….、買う前に一度試してみたいな…という方いらっしゃいましたら、タミヤプラモデルファクトリー トレッサ横浜店で試しに使用することが可能です。

現在はコロナの関係で店舗での営業をお休みさせていただいておりますが、再開した際には是非ご利用いただければと思います。

また弊社では、このほかにも塗装用の筆や研磨材などの販売をしております。

【長谷川迷人おすすめ塗装筆、インターロン】

【長谷川迷人おすすめ研磨材、スーパーアシレックス&スーパーバフレックス】

 

是非、自宅での作業などに役立てていただければと思います!

The following two tabs change content below.
今関商会

今関商会

1952年創業の今関商会の三代目。 大学卒業後、出光興産(株)の東海支店にてガソリンスタンドの現場から販売促進課、工業用潤滑油課、販売店担当などを経て退社。 2013年より、実家である(株)今関商会に入社。 趣味はアメフト鑑賞と筋トレ 2児の父でもあります。 会社ではSS現場やブログ、Facebook、instagram等、SNSの更新も行っています。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL