2016年12月22日

GoogleとHONDAが組んだ!!これからの車業界はさらに激化する予感!!

数日前のブログで、こんな事書きました。

 

 

で、FCAと組んで自動車マーケットに殴り込みをかけるつもりなんだなーと思ったら、こんなニュースが飛び込んできました。

 

ホンダ、グーグルと自動運転で共同研究 米で実走実験へ

 

 

HONDAと組みやがった!!

 

TOYOTA帝国の牙城を崩すために、Googleと組んだってことですかね?

記事の中にもありますが、

 

高速道路に限った自動運転を2020年ごろに実現させる

 

っていうある程度、限定的とはいえ明確な目標があるのはGoogleとしても手を組みやすかったのかもしれませんね。

 

包括的な自動自動車運転の技術開発としてはFCAと、高速道路に特化した技術開発に関してはHONDAとってなったら、目標は明白ですからね。

 

ただ残念ながら日本国内での試験運転はなさそうですね。

 

あと他の記事読んでたら、

 

ホンダとグーグルはこれまでも、車載ディスプレーでスマートフォンが操作できるグーグルのソフトウエア「アンドロイドオート」の開発などで協力しており、提携関係を自動運転の分野にも広げる。ホンダはAIの分野ではソフトバンクグループ<9984.T>とも共同研究を始めている。

ロイターより抜粋

 

なんてのもあったから、私は知らなかったですけどGoogleとHONDAは以前から交流があったんですね。そして文中にもありますが、さりげなくソフトバンクグループの名前も載ってるし。まぁこれに関してはAIの分野での共同研究ですが、もしかしたら、そこらへんも繋がるのかもしれないですね。

 

 

ソフト面での提供・開発に舵をきったGoogleですけど、そっからの展開スピード早すぎじゃない??

 

もちろんHONDAとの提携っていうのもあって方向展開したのかもしれないけど、それにしても早すぎる。

 

こういうビジネス的フットワークの軽さは心底羨ましいですね。

 

そして自動運転自動車業界も一気に激化していくかもしれませんね。

こんな記事もあったし

 

自動運転を巡る各社の開発競争は激化している。独BMW <BMWG.DE>が半導体世界最大手の米インテル<INTC.O>、画像処理技術などを手掛けるイスラエルのモービルアイ<MBLY.N>と提携し、21年までに完全自動運転の量産車を投入すると発表。米フォード・モーター<F.N>も同年までに、ハンドルやアクセルのない完全自動運転の車を量産すると表明している。

ロイターより抜粋

 

でも、こう見てると完全にソフト・ハードどちらも内製化していくメーカーと、色んなトコと提携していくメーカーで分かれましたね。

 

 

それこそ

 

Apple  vs  Microsoft

 

みたいだね。

 

これに関しては、どっちがいいのかわからないし日本のマーケットと海外マーケットでは比較できないし、海外で当たっても、それが日本で当たるとは限らないですからね。

 

 

まだ発表されたばかりなので、今後どういう展開になっていくのかは注意して追っていこうと思います。

 

 

弊社では全給油所に国家資格整備士が常駐しております。

年末年始、お忙しい中で車に不具合がでると大変だと思われますので、是非この機会に無料点検を受けていただければと思います。

バッテリー&オイル

今関商会所長

 

The following two tabs change content below.
今関商会

今関商会

創業68年を迎える今関商会の三代目。 大学卒業後、出光興産(株)の東海支店にてガソリンスタンドの現場から販売促進課、工業用潤滑油課、販売店担当などを経て退社。 2013年より、実家である(株)今関商会に入社。 現場に立ったり、ブログ、Facebook、instagramの更新等も行っています。

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL