2016年02月15日

石油元売り各社のCM

JXホールディングス株式会社

 

 

JXというブランドのイメージ戦略・ガソリンスタンドという”現場”のイメージ戦略の使い分け

最初の吉田羊さんと田中みな実さんが出演しているCMは”CM内での情報番組”という視点から、「JXっていう会社はこんな事に取り組んでいるんです」ということを視聴者に伝えているんですね。

そして、その次のガソリンスタンドのCMは逆に有名な俳優さんは使わず(ディズニーは強調してるけど)「ENEOSのマークを掲げているガソリンスタンドでは、こんなおもてなしが受けられます」ということを伝えているんですね。

 

旬な役者やスポーツ選手の積極的採用

これまでCMに出演していた俳優やスポーツ選手は

イチロー、竹内結子、えなりかずき、ガッツ石松、福澤朗、樫木裕実、能年玲奈、水川あさみ、など

一瞬、樫木裕実って誰だろう?って思ったら、この人でした。
樫木裕実

あれだよね、カービィ―ダンスの人でヒロミとスタジオの運営かなんかでも揉めた人だよね。

 

エネゴリくんという親しみやすいキャラクターの確立

 

エネゴリ1

初登場は2007年らしいです。

しかも、まさかのLINEスタンプまであるww

5ae29c93

誰が買うのか?という疑問はさておき、こういった新しいことにチャレンジしているのが、やはり業界1位たる所以なのでしょう。

 

あと最近の電気自由化にともなうアピール

 

 

 

ちなみに最近JXとの経営統合を決めた東燃ゼネラル石油のCMはありませんでした。

 

出光興産株式会社

 

 

ニッポンにエネルギーを。

という一貫したメッセージを視聴者へ発信しています。

 

実際に出光興産のページを拝見しても、上から順に

出光SSが全国のネットワークを通じ、エネルギーの安定供給を果たしている姿を伝えま­す。
出光が職業体験の場を提供することを通じ、子供たちとニッポンの未来にエネルギーを届­けることを伝えます。
ニソン製油所の建設、運営を通じて、産油国クウェート、ベトナムとの絆を強化し、将来­の日本のエネルギーセキュリティーに貢献する決意を伝えます。

 

という説明がされているように、つまり言いたいことは首尾貫徹

 

ニッポンにエネルギーの永続的安定供給をお約束します!!

 

って事なんですね。

 

このコンセプトは特に東日本大震災の影響が大きく反映されている気がします。

 

特に“お客様に”ではなく”ニッポンに”というのがミソなんだと思います。

 

というのも、出光興産は塩釜油槽所を震災から一週間という驚異的なスピードで塩釜油槽所を奇跡的に復旧させ、”出光興産の在庫としてではなく、東北全体の生命線として”という指示のもと、他社のローリーにも燃料を積み、復興に大きく寄与した経緯があります。

 

まさに

 

 

人間が一致団結して真に働く姿を現わして、 国家社会に示唆を与える

 

 

という佐三店主の出光イズムが未だに残っているんだと思います。

 

“最近は”有名人をCMで使わない

ここ最近のCMを見てもらっても、よくテレビにでているような俳優さんや女優さんはでてきません。もしかしたら劇団員さんとかはキャスティングしているのかもしれないけど。

でも少し前までは

 

出光CM=ウルトラマン

 

みたいなイメージがあったと思うんですよね。ウルトラマンゼアスっていう映画作ったくらいだし。
まさか2まで製作されているとは思わなかったけど。
ウルトラマンゼアス

ちなみに主演の関口正晴っていう人なんですが、この人はとんねるずのマネージャーです(当時)。で、もちろんとんねるずも出演しているんですが、デーブ大久保や角田さんとかアンディ・フグも出演しています。敵役では鹿賀丈史や神田うのが出演しています。

CMではとんねるずの他にも早見優や菅野美穂、田中麗奈も出演していました。

アポロマークは元々、別の会社のマーク

 

これって結構衝撃的な話だと思います。
じゃあ元々、どこの企業が所有していたのかというと”関西ペイント”という会社さんらしいです。
100144994

佐三店主はこの旧マークの疾走感が気に入って譲り受けたそうです。
現在のマークは2006年にリニューアルされたものです。

ちなみに、この字は佐三店主が書かれた文字をそのまま使用しています。

100144987

 

達筆だね!!

 

さて、そんな出光興産と合併することになった昭和シェルのCMはというと

 

 

V-PowerっていうハイオクのCMしか見当たりませんでした。

でもこのV-Powerはフェラーリに供給されるF1用Shell V-Powerを開発した科学者チームと共同開発された燃料なんですね。

もちろんF1に供給されている燃料とは違いますが、シェル製品の中で最高品質のハイオクガソリンだと謳っています。

フェラーリ

 

F1で供給されている燃料と公道用の燃料って何が違うんですかね?
気になるんで調べてみようと思います。

 

コスモエネルギーホールディングス株式会社

残念ながらYoutubeなどで最新のCMを発見することができませんでした。
ただ企業HPにはCM紹介ページがあったのでURLだけ記載しておきます。

http://ceh.cosmo-oil.co.jp/tvcm/index.html

 

やはりコスモ石油といえば

ココロも満タンに、コスモ石油♪

 

このメロディーは頭から離れないですね。

ちなみに最新CMでは女優の清水富美加さんが出演していて、口ずさんでいます。
清水ふみか

 

なんとなく個人的に吉高由里子さんとイメージが被ります。

よしたか

スマートビークル

これは車のリースですね。レンタカーとは違うので気をつけてください。
※リースとレンタカーの違いについてはまた別の機会にでも書きます。

スマートビークルだけでいえば

 

・メンテナンス
・車検などの税金
・洗車特典
・ガソリン値引き

 

の特典がついてくるので、お得なのかもしれません。

ただこのスマートビークルは検索すると色んなワードも付随してくるので、本当に得なのかどうなのかは自分で確認することをおススメします。

 

TorF

 

 

あと”ビークル”って聞くと、ビートクルセイダースを思い出します。

 

 

番外編

 

丸善石油(1969年)

 

共同石油

 

 

あとは、こんな様々なCM集(出光とか九州石油とか)

 

 

最後に

 

これまで様々な石油元売り各社のCMをご覧いただきました。

同じ石油業界に身を置く企業とはいえ、それぞれ全く色が異なるのは面白いですね。

つい最近行われたスーパーボウル中に流れるCMは30秒で5.8億円。特に今回は50周年という事もあり、過去最高をたたき出しました!!

 

って事は、

 

1933万円/秒

 

やばいな!!

 

そんなヤバいCM集を最後にご覧いただいて、今回のブログは終わります。

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL