2016年01月11日

バヌアツ共和国のペンテコスト島で行われる儀式“ナゴール”は成人式のお祝いで、バンジージャンプの元ネタ

新成人のみなさん
おめでとうございます

このアイキャッチの画像はバヌアツ共和国、ペンテコスト島における成人の儀式、「ナゴール」です。バンジージャンプの起源でもあります。

 

さて今年の新成人の人口は121万人(男性:62万人 女性:59万人)で前年比▲5万人
男性のほうが3万人多いんですね。

 

 

もちろん47都道府県で男女比はそれぞれ違うんでしょうが、この121万人を一つの会場に集めて「はい、男女ペアになってくださーい!」って声かけたら、そのうちの3万人は男同士のペアなんですね。

タンゴ

 

で、新成人の人口推移を調べたら

新成人人口

1968年からずーっと男のほうが多いんですね。

で、暇だったから足してみたら

 

男性:4198万人
女性:4031万人

 

スゲー差!!

 

約50年の積み重ねとはいえ、スゲー差!!
だって男女差167万人だよ!!

 

この8229万人を一つの会場に集めて「はい、男女ペアになってくださーい!」って声かけたら、そのうちの167万人は男同士のペアなんですね。天丼マン

 

男女交際で考えたら確実に男のほうが不利。
そりゃもちろん国際結婚だったり、年の差婚だったり、トランスジェンダーの問題とかもあるしさ、

 

ってか

 

 

結婚だけが全てじゃないし!!gesuno

 

 

でも一応ね、一応調べたんですよ、生涯未婚率ってやつを

そうしたら驚愕の事実ですよ。

 

 

男性は2.6%(1980年)⇒20.1%(2010年)
女性は4.5%(1980年)⇒10.6%(2010年)

 

 

すげー伸長率!特に男性!約8倍!
1980年には約50人に1人だったのが、2010年には5人に1人って!!
そんな状況に陥っていますが、そんな男性陣にエールを送りたい。

 

 

masaru

 

 

 

ちなみに1987年の新成人が急激な減っている理由は

 

「丙午信仰(ひのえうましんこう)」

 

が原因といわれてるそうで、「丙午信仰」って何?っていうと

 

「丙」は太陽のような激しく熱せられたエネルギーの非常に強い物を表わします。

 

「午」は方角を十二支で表わした場合、「真南」にあたり”最も熱くエネルギーの強い方角”にあたります。

 

そして、その二つが合わさる「丙午」とは最もエネルギーの強いものが合わさった性質を持つものであるため、そういう性格を持って生まれた女性に対しては、並みの男では太刀打ちできないと考えられて、避けられるようになり、親も女の子が生まれた場合に世間から嫌われることを慮って、その年に子供を産むのをためらったのです。

 

そんな迷信が世間に広まったのは浮世草子で有名な井原西鶴による『好色五人女』で取り上げられた”八百屋お七”がキッカケと言われています。
※八百屋お七に関してはコチラ

井原西鶴

 

ちなみに1987年に新成人になった人は今年50歳。あくまでも迷信なので参考にする必要はないんですが、なんとなく周りに該当するような人がいたとしても「あ~だからか(笑)」くらいで留めといてください。特に女性の場合は気にしている方も多いようなので気を付けましょう。
※財前直美さんとか小泉今日子さんが該当する時点でなんとなくわかります。

 

 

で、次の丙午に該当するのは2026年生まれの子達です。
でも草食男子だとか肉食女子とかいってる今ですから、そんなの関係ない気がしますけどね。
逆に考えれば、その年に生まれた男の子は超肉食で元気が有り余っている感じがしますね。

 

 

今、弊社ではそんな元気が溢れている人はもちろん、正社員で働きたい、アルバイトやパートとして働きたいという希望をもった方々を募集しています!

 

もちろん男女関係なく、年齢も関係ありません!
正社員を希望の方はコチラからご応募ください。
アルバイト・パート希望の方はコチラからご応募ください。

 

皆様からのご応募楽しみに待っております。
お辞儀

The following two tabs change content below.
今関商会

今関商会

1952年創業の今関商会の三代目。 大学卒業後、出光興産(株)の東海支店にてガソリンスタンドの現場から販売促進課、工業用潤滑油課、販売店担当などを経て退社。 2013年より、実家である(株)今関商会に入社。 趣味はNFL鑑賞と筋トレ 2児の父でもあります。 会社ではSS現場やブログ、Facebook、instagram等、SNSの更新も行っています。

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL