2019年11月21日

第3世代走行中ワイヤレス給電インホイールモータっていうブリヂストンが開発してる技術がとても興味深いって話

なんだ、そのワイヤレス給電インホイールモータって?って感じだと思うんですが、どんな技術かというと

 

これは、電気自動車(EV)に必要な受電から駆動までのすべての機能をタイヤの内側に配置することで、走行中ワイヤレス給電性能、モータ性能、車両への搭載性を大幅に改善することを可能にするものです。今後、2022年までにタイヤを含めた車両での評価を行い、他の組織・企業が持つ様々な領域の知見を広く取り入れながら、2025年に実証実験フェーズへの移行を目指します。

っていう事らしいです。

道路に給電システムを埋め込むっていうのは、すでにスウェーデンでは公道試験されています(非接触ではない)。

なんとなくイメージが

エフゼロ!!

でも、これに近いことが現に技術として存在していて、将来的に日本の一部の道路に導入されると思うと胸が熱くなります。

でも、ひとつ気になることがあるとすると

タイヤ交換どうやるん??

ガソリンスタンドとかで気軽にできるん?

タイヤの形状とか、ホイールと組むとこから見てみたいです。

The following two tabs change content below.
今関商会

今関商会

創業68年を迎える今関商会の三代目。 大学卒業後、出光興産(株)の東海支店にてガソリンスタンドの現場から販売促進課、工業用潤滑油課、販売店担当などを経て退社。 2013年より、実家である(株)今関商会に入社。 現場に立ったり、ブログ、Facebook、instagramの更新等も行っています。

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL