2016年08月23日

【洗車する際のおススメ】これをやれば洗車・コーティングの効果倍増、車ツルツルピカピカ ~鉄粉落とし編~

みなさん、洗車はしていますか?その頻度ってどれくらいですか?洗車するのはセルフのガソリンスタンドですか?フルサービスのガソリンスタンドですか?いつものメニューはシャンプーですか?ワックスですか?

 

などなど色々聞きたいことはたくさんあるんですが、洗車をする理由は一つ

真実はいつもひとつ

 

 

綺麗な車のほうがいいから!

 

 

だと思います。でないと、わざわざ洗車なんてしないと思います。

 

 

でも洗車したのに近くで見たり、ボディに直接触れたりすると意外と水垢だったり鉄粉で表面がザラついていたりと色々わかっちゃったりします。

4Kになったら、意外と女優さんの肌荒れが目立つようになったのと同じ感じですね。

 

 

まぁそんなのはどうでもよくて。

 

今回は洗車の効果をより高めるためという事で

 

鉄粉落とし

 

の話をしたいと思います。

 

ちなみに博多ラーメンだと麺の硬さで「粉落とし」っていうのがあるらしいです。

普通 < 硬め < バリ硬 < 針金 < 粉落とし < 湯気通し

これも本当にどうでもいい情報です。

 

 

さて暑いこの時期、日光を浴びているのは人間だけでなく車も一緒です。

 

この暑さは車の塗装にまで影響を与え、塗装は柔らかくなってしまいます。
※触ってグニャグニャになるほどまではいかないですが

 

こうした軟化している車の表面は、鳥糞や木々の樹液、鉄粉などの影響をモロに受けてしまい、結果として塗装の劣化が早まる原因となってしまいます。

 

今乗っている車のボディを撫でてみてください。よくわからないなーって方はタバコのフィルムを外して指を突っ込んでボディを撫でてみてください。

 

素手で触るよりザラザラしているのがよくわかると思います。そのザラザラが鉄粉です。

 

せっかくの御車ですから少しでも大事に乗っていただきたいので、今回は鉄粉がつく理由やその影響、どうやって除去するのかまで説明していきたいと思います。

 

なぜ鉄粉がつくのか?

 

鉄粉が付着しやすい4つの環境として

大型トラック等が多く行き交う交通量の多い国道

高速自動車道路を高頻度で利用している

鉄道の高架橋付近に車を停める

鉄鋼工場や溶接工場などの近くに車を停めている、頻繁に通る

 

を挙げることができます。

 

弊社が基盤を置く川崎なんてまさに上の4つ全てが当てはまっているんじゃないかと思います。

産業道路や国道15号線などの交通量の多い道路や横羽線といった首都高速、そして京浜工業地帯だったりと、川崎区に住んでいる方はまさに鉄粉被害を受けやすい環境下にあると言えるでしょう。

 

でもまだ工場の近くに停めてるとかならわかるけど、交通量の多さとかって関係あるの?って思った方もいるかと思います。

 

なぜ交通量の多さ=鉄粉被害に繋がるかというと

 

まず鉄粉の正体は

 

自動車のブレーキダストや塗装粉、工場のダクトなどから排出される金属

 

です。

 

ブレーキダストって何?って言う人はよく外車のホイールが黒くなっている事ってありませんか?こんな感じで

 

ブレーキダスト

 

 

このホイール部分を黒くしているのがブレーキダストなんですね。これは外車だけじゃなくて日本車でももちろん発生しているんですが外車のほうがよく目立ちます。

 

この黒くしているブレーキダストなどの鉄粉が走行風で巻き上げられてボディに付着してしまうわけです。でも付着している程度なら洗車で落ちるんじゃないの?と思いがちですが、鉄粉はそう簡単には落ちてくれません。

 

鉄粉が”付着する”というメカニズム

 

簡単に説明すると、下の図なんですが

鉄粉付着のメカニズム
evergrace-jp.comから引用

 

ようは、ボディに付着していた鉄粉が雨や空気と触れ合う事で酸化して、塗装面に食い込んでしまうんですね。そうすると食い込んだ鉄粉はどんどん酸化していき、錆びていくわけです。そしてボディ全体をジワジワと侵食していき、塗装をダメにしてしまうんですね。

 

それに加えて、例えばガソリンスタンドなどでコーティングなどした場合、その鉄粉が刺さったままのボディをコーティングするので鉄粉を守ることになってしまい、仕上がり具合もなんだかザラザラしていて満足いくレベルには達しません。

 

鉄粉の除去方法

 

様々なサイトを調べると鉄粉除去剤と粘土を併用して使うの事例がたくさん出ています。

ちなみに鉄粉除去剤を使用すると、鉄粉がこんな感じに紫色に変色して溶けていきます。

 

鉄粉除去剤

 

この写真だと尋常じゃない量の鉄粉がついていたことがわかります。

 

すごいなーと思う反面、そんな強いケミカル使ってボディに悪影響はないの?て思うわけです。

 

で色々調べたら、この除去剤に含まれる

 

“チオグリコール酸アンモニウム”

 

 

っていう化学物質の濃さによって除去力が変わるらしく薄くても鉄粉が溶けないし、濃すぎると塗装まで痛めてしまう場合もあるようです。

特にベースカラーの上にクリア塗装が噴きつけていないタイプのソリッドカラーは変色してしまうようです。調べた先のサイトでは「スズキ スイフト チャンピオンイエロー」が変色したようです。

 

スズキスイフトチャンピオンイエロー

 

でもクリアが噴きつけられていない車で変色が起きるなら、長年乗られていてクリアが剥がれてしまった車とかも該当するワケなので細心の注意が必要となります。

 

 

 

 

 

 

弊社では一切このような鉄粉除去剤を使用せずに鉄粉除去を行っております。

 

 

今関商会が行う鉄粉除去とは

その秘密兵器がこちら

 

マジカルスポンジ

 

このスポンジ、すごいんです!!

驚くくらいボディがツルツルになります。

もちろん、鉄粉除去剤を使用しないからどんなボディでも対応可能です!!

これまで鉄粉落としをしたことがないお客様、是非一度その効果を体験していただければと思います。

 

最後に

 

今回は鉄粉落としに注目して説明してきましたが、鉄粉落としはあくまでもコーティングする際の事前作業なので鉄粉落としをしただけでは大切な車をお守りすることはできません。

 

是非この機会に弊社のコーティングも体験していただければ幸いです。

今現在、弊社では2種類のコーティング溶剤(ポリマー・ガラス)を使用していますが、そのうちのガラスコーティングをネット予約していただくことが可能です。

 

詳しくはこちらの

 

 

を読んでいただければ、その内容が詳しく書いてあります!

是非こちらも体験していただき、もっと車をピカピカにしてあげてください!!

今関商会所長

 

あと、整備関連だとGooPitを利用していただくことで、持込パーツの取付などもおこなっておりますので、そちらもご利用ください!詳しくは↓をクリック!

goopit_horizon

The following two tabs change content below.
今関商会

今関商会

1952年創業の今関商会の三代目。 大学卒業後、出光興産(株)の東海支店にてガソリンスタンドの現場から販売促進課、工業用潤滑油課、販売店担当などを経て退社。 2013年より、実家である(株)今関商会に入社。 趣味はアメフト鑑賞と筋トレ 2児の父でもあります。 会社ではSS現場やブログ、Facebook、instagram等、SNSの更新も行っています。

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL