BLOG

出頭するな!駐禁切符は納付書がきてから対応すると減点されないよ!

駐禁切符
LINEで送る
Pocket

みなさんはこれまで駐車違反の切符を切られたことがありますか?

 

 

私はあります。

 

 

ほんの一瞬、目を離した隙に貼られてましたね。

 

 

そう、その一瞬が命取りになるんです。

 

2006年6月から民間に業務委託された駐車監視員の登場

 

これが結構ややこしい事にしてくれて、駐車監視員っていうこの人たち

駐車監視員

は、違法駐車を見つけると、その場で違法車両確認標章(ステッカー)をペタっと貼ることができるんですね。

 

 

おかげで、これまでとは違いほんの数分であればスルーされていた駐車違反も、運が悪いと私のように一瞬で切符をステッカーを貼られてしまうんですね。

 

 

ちなみに、この駐車監査員になるには

 

 

一般人:駐車監視員資格者講習コース

警察関係者:認定考査コース

 

 

の2パターンはあります。

 

 

一般人向けは、駐車監視員資格者講習(受講料19,000円)を受講(2日間14時間)し、修了考査(マークシート方式)で50問中45問以上(9割以上)の正答で合格となります。

 

 

しかし合格したからと言って、すぐに駐車監視員として活動できるわけではなく、あくまでも警察から業務委託を受けた法人に雇用されて初めて駐車監視員として仕事をすることができます。

 

 

ほとんどが契約社員またはアルバイトで日給10,000円が相場だそうです。

 

駐車監視員の登場で何が変わったのか

で、この人達が登場した2006年6月以前は

 

違法駐車のステッカーは警察署や交番に出頭しないと剥がすことができなかった

 

んですが、2006年6月以降は

 

出頭しなくても運転者自身が剥がすことがOKになりました!

 

つまり、これまでは

 

貼られる ⇒ 警察署・交番に出頭する ⇒ 違反金払う、ステッカー剥がしてもらう & 減点

 

だったのが

 

貼られる ⇒ 剥がす ⇒ 納付書が届くまで待つ ⇒ 納付書届く ⇒ 支払う

 

でOKになりました。

 

これを知らないで、いつもの流れで警察署にいったんじゃ減点されに行くのと一緒ですからね。

 

ちなみに違反金は、

放置駐車違反で15,000円(3点)

駐停車違反で10,000円(1点)

 

です。

 

3点とか結構ダメージでかいですからね。知らないと損です。

 

 

で、こういった違反金とかを支払っていない車両は車検時に検査場を通すことはできるんですが車検証が発行されません。

 

 

なので、車検を通すとか通さないとか以前の問題で、しっかり違反金は払ってくださいね!!

ちなみに弊社では

 

 

 

 

というサイトで一応確認しています。

 

 

新年度一発目のブログが、こんな法の穴をかいくぐるような内容でいいのかは甚だ疑問ではありますが知らないよりは知ってたほうが得だよね?って事で書きました。

 

 

別に違法駐車してもお金さえ払えばいいよ!!って話ではなく、あくまでも大前提は

 

 

違法駐車はしない!!

 

 

って事ですからね.

 

 

そこだけは間違えないようにお願い致します。

 

 

今月も車検含め一般整備で多くのお問合せを戴いており、誠にありがとうございます。

 

 

国家整備士が常駐するフルサービスガソリンスタンドというのが弊社のウリなので、もし何かお車で気になる事、なんか最近車の調子悪いなど何でも構いませんので最寄りの弊社SSで一度点検することをおススメ致します!(点検はもちろん無料です!)

今関商会所長

LINEで送る
Pocket